おからドーナツ、手作り豆腐、手織り製品など、障がいを持った方々の就労支援と社会参加を支援するNPO

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

特定非営利活動法人ひょうたんカフェ

お電話でのお問い合わせ 052-485-4535

愛知県名古屋市中村区砂田町2丁目15番地 

本文のエリアです。

プロローグ

『はじまりは一本のさをり織りとの出会いでした。
さをり織りの教室の壁に飾ってあったちょっと変わった織り。横糸がダラダラと出て、様々な色の糸が混じり合っていて、平面的な織りなのに立体的な質感があって・・自然体でいて、心を打つような力強さを感じました。そして、それを織ったのが知的に障がいをもつ方であることを知りました。』

 

現ひょうたんカフェ副代表の井上が今から10数年前に一本のさをり織りと出会ったことがきっかけとなり、当時勤めていた障害者施設の一角で知的に障害をもつ方々と一緒にさをり織りを始めました。施設の同僚であった現ひょうたんカフェ代表の橋本がそこに巻き込まれていきます。

 

『織りを通じて障がいのある方のキラリと光る才能を発見し、その感動をもっと様々な方と共有していきたいと考えるようになりました。』
 

施設での活動を通じて二人が共有したこの思いが、その後ひょうたんカフェの活動を始め広げていく原動力となりました。「地域の中で障害のある方もそうでない方も一緒に織りを楽しみ、互いに刺激を受け合う関係を作れるような空間を作りたい。」と考え、施設を退職して小さな民家を借り「さをり工房おりのあな」と名付けたその場所で地域での活動をスタートしたのです。制度を使わない事業ならではの自由さの中でいろいろな試行錯誤を重ねながら、現在のひょうたんカフェへとつながる基礎ができあがっていったように思います。

ページトップへ戻る