おからドーナツ、手作り豆腐、手織り製品など、障がいを持った方々の就労支援と社会参加を支援するNPO

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

特定非営利活動法人ひょうたんカフェ

お電話でのお問い合わせ 052-485-4535

愛知県名古屋市中村区砂田町2丁目15番地 

本文のエリアです。

ひょうたんカフェ誕生~手作り豆腐事業でさらに地域の中へ

3年間の活動期間を経てNPO法人ひょうたんカフェを設立し、「さをり工房おりのあな」の活動を「地域活動支援事業デイサービスおりのあな」に引き継ぐ形で、豊国神社の赤鳥居のすぐふもとの古い民家に引っ越し、織り機を10台並べてのスタート。設立前からの思いであった「さをり織り」を活動の中心に据えて、作品展などの機会を通じて社会への働きかけを積極的に行うと同時に、デイサービスとして地域のさまざまなニーズにもできる限りこたえるよう努力をしました。就労の合間に余暇の場として活用したい人、長く在宅で過ごしていて社会に出る初めての場として利用される人・・調理実習やヨガなどのプログラムも取り入れながら、さまざまなニーズの方々がそれぞれのペースで過ごせる場所として少しずつ地域の中で役割を得ていきました。
 

『利用者さんの中には学校後の「働く場」のニーズをもっている方もみえました。授産施設の職員だったこともあり、二人の中では「障害のある方の働く場」を法人設立前からあれやこれやとあたためていました。そして出会ったのが「蔵王すずしろの豆腐」でした。一番の決め手はその豆腐がとってもおいしかったことでした。大豆そのものの味がぎゅっとつまっていて濃厚で、素朴なのですが個性的な豆腐です。ものづくりは何でもそうだと思うのですが、その豆腐でもって蔵王でいきいきと働いている障がいを持った方々の姿が現れているような気がしました。』
 

こうして始まった「手づくり豆腐工房」の取り組みは、リヤカーでのひき売りや豆腐店や各種イベント等での販売活動を通じて徐々に地域に浸透していき、のちのカフェオープンや就労支援事業開始の布石となります。
 

『昔ながらの豆腐のひき売りは中村区という土地に調和し、自然に溶け込んでいるようです。リヤカーをひっぱる自閉症の彼とラッパの音がすっかりなじんで毎週買ってくださるお客様も増えてきました。売り上げを伸ばしていくのはもちろんのこと豆腐を買いに訪れた方がふとひょうたんカフェの日常のひとコマにふれるような、そんな地域との結びつきが生まれる場になればと思っています。』

ページトップへ戻る